横浜の水漏れ・水道工事業者検索サイト

水漏れ修理してくる横浜市の評判の良い水道業者をまとめました!

「外部埋設管から水漏れ」って我が家は大丈夫?!

漏水の原因のほとんどが外部埋設管から!

「おそらく家の外の配管から水漏れしてますねぇ」と言われて、不安になっている方いますでしょうか?

住宅の水漏れの多くが、この外の給水管からの水漏れです。

こちらでは外部埋設管の漏水工事が、どんな状態か理解して、どういう流れで修理してもらうのか解説し、事前に目を通すことにより、漏水対応を安心して見守ることができます!
実際に水漏れしている箇所がこちら

水漏れの瞬間

ピューと配管から水が噴き出しているのが分かりますでしょうか?

実際、この給水管は地面の中にあるので、水が噴き出している様子は見ることが出来ません。

写真のように、給水管がある箇所に穴を掘って、水漏れしている給水管を見つけることからスタートします!

これが漏水調査となります。

やみくもに、穴を掘るのでは時間がかかってしまい、結局費用もかかってしまいます。

音聴棒

ですので、水が漏れている箇所を特定できる道具があります。

こちらのように、耳かきみたいな「音聴棒(おんちょうぼう)」と呼ばれる水漏れ箇所を見つける道具があります。

プロの方が聴くと、水漏れ箇所では噴き出している水の音が聞こえるらしく、音が大きくなっているところを見つけ、その後実際に掘って確認します。

非常にアナログな方法ですが、経験がモノ言う調査なので、やはり漏水に長けている職人さんにお願いするのがいいですね。

どんな箇所から水漏れしやすいの?

漏水箇所

先ほどの水漏れしていた箇所を引きで見てみると、こんな場所です。

家の外で、特にお風呂、台所など水回りがある箇所の外付近が多いとのこと。

水道業者さんが調査の際に、「お風呂はどこですか?キッチンはどこですか?」と聞かれることが多く、それは水回り箇所を把握し、水漏れ箇所を特定するために質問しています。

写真のように、水漏れ箇所の疑いがあれば、すぐに掘って、配管を目視できるようにします。

漏水工事のビフォー&アフターがこちら

漏水のビフォーアフター

右が、漏水していた箇所の古い給水管、左が新しく交換した給水管です。

色が違うのが分かるかと思いますが、給水管の素材が時代とともに、強化されており、従来の配管は継ぎ目が折れやすく、水漏れしやすいとのこと。

そこで気づく方もいるかと思いますが、1か所でも水漏れしていたということは、他の箇所も水漏れするリスクがあるということ。

通常は水漏れしていた箇所だけ直すのが漏水対応工事ですが、不安な方は、給水管全体を交換する工事も手です!

ちなみに給水管を家の全体交換した場合は、概算で30万円から50万円ほどの費用がかかります。

地面がコンクリートの場合の漏水対応はどうすれば?

家の周りが土ではなく、コンクリートの土間仕上げにしているご自宅も多いのでは?

その場合は、コンクリートを壊し、穴を掘って水漏れしている給水管を特定する必要があります。
そのケースがこちら。

漏水修繕前

漏水修繕前

漏水修繕後

漏水修繕後

土間打ち補修後

土間打ち補修後

こちらのケースでは、最後に職人さんが土間を復旧してくれているので、穴が開いたままの状態ではありません。

でも、コンクリートの土間を復旧してくれるかどうかは職人さん次第なので、事前に聞いておくといいかもしれません。

\ とにかく急ぎたい方! /
すぐに水漏れ対応してくれる業者ランキング
【厳選】安心できる水道の修理業者さんベスト3はこちら!

緊急水漏れ対応業者ランキング